今岡憲特許事務所トップページへ
 パテントに関する専門用語
  

 No: 023   

特許出願の処理/特許査定


体系 特許出願の審査
用語

特許査定

意味  特許査定とは、出願の実体審査において特許出願に係る発明を権利化することを決定する旨の行政処分です。
内容 @特許出願を拒絶する理由は法律に限定列挙されており、拒絶理由が存在しないときには審査官は、必ず特許査定をしなければなりません。

A当該査定は、文書を以て行われ、特許出願人に送達することにより効力を発揮します。

B特許査定は、その査定をした審査官本人でも取り消すことができません。
 もっとも特許出願人からのアクションにより取り消されることは理論的にありえます。稀なケースですが、行政不服審査法の異議申立を経て行政事件訴訟法による提訴をして、特許査定が取り消された事例があります(平成24年(行ウ)第591号)。
留意点  特許出願後に出願人の住所・名称などの変更があったときには、特許査定の前に役所に届け出ることが奨励されます。
次ページ

※ 不明な点、分かりづらい点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


 

パテントに関する専門用語一覧へ戻る




今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  


Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.