今岡憲特許事務所トップページへ
 パテントに関する専門用語
  

 No: 026   

特許出願の種類/出願分割(流れ1)

体系 特許出願の種類
用語

分割出願する手続の流れ

意味  特許出願を分割することの効果(遡及効)を確保するためには、一連の手続の流れを法律の要件に適合するように行う必要があります。
内容 @分割出願は、原出願の一部を取り出して行うものです。
 これより分割した出願に係る発明が、原分割の明細書等に記載された発明の全部ではないことが要求されます。また原出願の補正ができない時期に特許出願人が出願を分割するときには、原出願の分割直前の明細書などに分割の対象となる事項が記載されている必要があります。

A分割出願は、原出願の出願時の開示範囲を超えてすることができません。
 特許出願人が分割の時点で原出願の記載事項をそっくり取り入れ、分割の直後の補正で特許請求の範囲から不必要な請求項を削除すると、取りこぼしがなくなります。

B分割出願の時点で原出願が特許庁に係属している必要があります。

C特許出願人が複数人いる場合には、全員で出願分割しなければなりません。

D特許出願を分割することは所定の時期に行う必要があります(→分割出願の時期

留意点  旧特許法(及び平成6年改正迄の現行法)では原出願に係る発明と分割出願に係る発明とが同一でないことが出願分割の要件とされ、例えば原出願の特許請求の範囲の要件「透明固形材料」を、下位概念である「透明ガラス」に変更して出願分割の要件に反するとされた事例があります{(昭和59年(行ケ)262}。しかし現在では出願分割の効果を認めた上で先願主義の規定で対処する傾向となっています。
次ページ

※ 不明な点、分かりづらい点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


 

パテントに関する専門用語一覧へ戻る




今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  


Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.