今岡憲特許事務所マーク

トップボタン
 商標に関する専門用語
  

 No:  033   

商標出願/商標の類似/観念類似・ケース2

 
用語

観念類似のケーススタディ2(2つの観念の結合)

意味  対比される商標が2つの観念を結合させたものである場合の外観類似の判断をケーススタディします(昭和28年(行ナ)11号)。


内容 @本例は、商標出願拒絶査定不服審決取消請求事件で審決が維持された事例です。

A対比される商標は、出願商標「ヤフジ/矢富士」(2段書き商標)と先行商標「富士」(著名商標)です。

B審決(拒絶審決)の理由は次の通りです。
 “原告の商標は、その構成から見ると、「矢」と「富士」の両観念の結合からなるが、その中心となる観念は、「富士」である。して見れば、原告の商標は、同じ第十八類の商品を取り扱う訴外富士写真フイルム株式会社の著名商標「富士」、「フジ」、「ふじ」、「Fuji」と観念上類似し、これをその指定商品に使用するときは、世人をしてその商品の出所について誤認を生ぜしめるおそれがあるから、商標法第二条第一項第十一号の規定によつて、その登録を拒否しなければならない”(旧商標法)

C原告の主張は次の通りです。
“原告の商標は、前述の構成を有するものであるから、その称呼は、当然「ヤフジ」であり、観念もまた「矢」と「富士」の不可分的な結合からなるものである。従つて、「矢」または「富士」のそれぞれ独立した観念を生じるものではなく、またその表現態様においても、その文字の何れにも軽重の差がないから、これから「富士」の文字を抽出して、観念の中心を「富士」のみにあると断定した審決は、一般の商標の通念に違背したものである。”

D裁判所は、次の理由で両商標が類似であると判断しました。

・原告は、右商標は、「矢」と「富士」とが不可分的に結合されたものであるから、これからは、審決のいうように、「矢」または「富士」のそれぞれ独立した観念を生ずるものではないと主張するが、社会生活上極めてありふれた「矢」と「富士」の二個の観念を構成要素とする「矢富士」の商標が、取引の実情において一体をなし、これを構成要素の各別に分離して観察することが、甚だしく不自然と考えられるほどに、右両者が不可分的に結合しているものであるとの事実は、これを認めるに足りる証拠がない。

・却つて原告会社の商号が有限会社富士産業社である事実に鑑れば、右の商標「矢富士」は、原告の商号の主要部分である「富士」とこれに加えた「矢」の、それぞれ独立した観念を包含し、しかも取引の実際においては、右両者のうち「富士」が特に強く印象せられ、右商標からは、富士又は富士山の観念を生ずるものと解するのが相当である。

・すなわち原告の右商標と、富士写真フイルム株式会社の前記商標とは、その観念を同じくするものであるといわなければならない。


留意点

次ページ

※ 不明な点、分かりづらい点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


 

商標に関する専門用語一覧へ戻る




今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  

Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.