今岡憲特許事務所マーク

トップボタン
 パテントに関する専門用語
  

 No:  1315   

Opening Brief/特許出願

 
体系 外国の特許法・特許制度
用語

Opening Brief

意味  Opening Briefとは、司法的手続で当事者双方を招集して行う会議において、当該会議の冒頭で一方の当事者が提示する簡潔な見解趣旨書(Brief)を言います。


内容 @Opening Briefの意義

(a)前述の会議としては、例えばトライアル・コート(地方裁判所)での現状確認会議が該当します。→現状確認会議とは

(b)Opening Briefに関連する概念として、控訴人が控訴裁判所に対して提出するAppealant’s brief(準備書面)があります。
Appellant’s briefとは

AOpening Briefの内容

 特許の分野では、例えば特許非侵害の確認訴訟のOpening Briefにおいて、被告の側から“原告は特許の有効性を否定する先行技術がウェブ上で見つかったとしており、原告及び被告の双方の代理人の間でこれについて議論したが、当該技術の公開日が本件の特許出願の日に先行(predate)するものであるかについて疑問を持っておる。”などと状況を報告するような事例が想定されます。



留意点

次ページ

※ 不明な点、分かりづらい点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


 

パテントに関する専門用語一覧へ戻る




今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  


Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.