今岡憲特許事務所トップページへ
 パテントに関する専門用語
  

 No:  001 
特許制度/特許出願
体系 特許制度に関する事項
用語

特許制度

意味  特許制度とは、発明の保護を求める人と発明の利用を求める人とのバランスをとりながら、技術の進歩を促し、産業の発展に寄与しようという制度です。

内容 @特許制度の意義
 特許制度は、産業の発達を目的とする制度です。同様の目的を有する制度として実用新案制度・意匠制度・商標制度があります。特許制度及び実用新案制度は、技術の進歩を通じて、意匠法は、意匠の需要増大機能を通じて、商標法は、商取引の秩序の維持を通じて産業の発達に貢献

A特許制度の内容
 世間に役立つ発明をしても、発明は無体財産ですので、その内容を人に知られると、簡単に真似されてしまい、苦労して発明をした労力が報われません。
 いきおい、発明者は、自分の大切な発明を秘蔵しようとしますが、国全体としてみると、それは産業の発達を阻害します。そうした不都合を生じないように、一定の存続期間に限って、特許出願をした発明者に独占排他権(特許権)を付与して、研究投資の資金を回収する機会を与え、他方、存続期間を経過した後には、発明を、人々の自由な実施に委ねるのが、特許制度です。
 特許制度は、発明の保護発明の利用とのバランスをとりつつ、発明を奨励し、産業の発達を図ります。


留意点  特許権者は、自分で発明を独占的に実施することもできますし、他人に実施権を付与してロイヤルティを得ることもできます。自社の特許のうちのコア技術については自ら実施し、そうでない技術を他社に実施させることが、大企業の戦略となっていますが、コア技術とそうでない技術の線引きをどうするのかなど、悩ましい問題があります。

次ページ

※ 不明な点、分かりづらい点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


 

パテントに関する専門用語一覧へ戻る




今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  


Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.