トップ

判例紹介
概要
今岡憲特許事務所マーク



●平成10年(行ケ)第308号(審決取消請求事件/容認)


新規性/用途発明/進歩性審査基準/特許出願

 [判決言い渡し日]
平成12年 7月13日
 [発明の名称]
形状選択転化法/脱ロウ方法
 [主要論点]
用途発明の解釈
 [判例の要点]
 「用途発明」とは、物の有するある一面の性質に着目し、その性質に基づいた特定の用途でそれまで知られていなかったものに専ら利用する発明と解釈されます。

 [本件へのあてはめ]
 特許権者は、「脱ロウ法(プロセス)」と表現したのは、本件発明が石油精製工業において独立したプロセスである脱ロウプロセスを対象とし、それ以外のプロセスを対象としていないことを明らかにするためであると主張しています。
 しかしながら、本件特許明細書には、通常の意味での脱ロウ(ロウ成分を取り除くこと)が記載されておらず、クラッキングを行うプロセスが、原料油中のロウ分を消して別の生成物に変えるという着目してこれを「脱ロウ」と称しているに過ぎず、出発原料・触媒・反応の各観点からも引用発明との相違が見当たらないため、用途発明として特許性を認めるべきという主張は採用できません。

 [先の関連判決]
 
 [後の関連判決]
平成10(行ケ)第401号(I) (用途発明の考え方)
 詳細を知りたい方はこちらをクリックして下さい
 見出しへ戻る




今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  

Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.