今岡憲特許事務所マーク

トップボタン
 商標に関する専門用語
  

 No:  035   

商標出願/商標の類似/称呼類似・ケース1

 
用語

称呼類似のケーススタディ1(外観・観念との関係性)

意味  商標の外観・観念・称呼などの関係性をどのように解釈するのか、特に称呼において一応類似しているが、外観・観念において著しく相違している場合にどのように解釈するべきかを、いわゆる氷山事件(昭39(行ツ)110号)を題材にケーススタディします。


内容 @事件の種類は、商標出願拒絶審決取消請求事件です。

A出願商標は、大きく描いた氷山の図形の傍に「氷山印」の文字を付した結合商標であり、他方、引用商標は「しようざん」という文字商標です。

B指定商品は硝子繊維糸です。

C主にこれら両商標の類否が争われ、最高裁判所は、両者を類似と判断した高等裁判所を支持しました。

D外観・観念・称呼に関する基本的な考え方(判決の要旨)
商品に使用された商標がその外観、観念、称呼等によつて取引者に与える印象、記憶、連想等を総合して全体的に考察すべく、しかもその商品の取引の実情を明らかにしうるかぎり、その具体的な取引状況に基づいて判断するのを相当とする。

E総合的な考察の内容
(a)取引の状況
 硝子繊維糸の現実の取引状況を取りあげ、その取引では商標の称呼のみによつて商標を識別し、ひいて商品の出所を知り品質を認識するようなことはほとんど行なわれないものと認め、このような指定商品に係る商標については、称呼の対比考察を比較的緩かに解しても、商品の出所の誤認混同を生ずるおそれがない旨を判示したのを失当ということはできない。

(b)称呼類似の判断における外観・観念の参酌
 商標の外観、観念または称呼の類似は、その商標を使用した商品につき出所の誤認混同のおそれを推測させる一応の基準にすぎず、従つて、右三点のうちその一において類似するものでも、他の二点において著しく相違することその他取引の実情等によつて、なんら商品の出所に誤認混同をきたすおそれの認めがたいものについては、これを類似商標と解すべきではない。

(c)観念の参酌
 出願商標は氷山の図形のほか「硝子繊維」、「氷山印」、「日東紡績」の文字を含むものであるのに対し、引用登録商標は単に「しようざん」の文字のみから成る商標であるから、両者が外観を異にすることは明白であり、また後者から氷山を意味するような観念を生ずる余地のないことも疑な(い)。

(d)称呼の類似の程度
 原判決は、上記のような商標の構成から生ずる称呼が、前者は「ひようざんじるし」ないし「ひようざん」、後者は「しようざんじるし」ないし「しようざん」であつて、両者の称呼がよし比較的近似するものであるとしても、その外観および観念の差異を考慮すべく、単に両者の抽出された語音を対比して称呼の類否を決定して足れりとすべきでない旨を説示したもののと認められる。そして原判決は、両商標の称呼は近似するとはいえ、なお称呼上の差異は容易に認識しえられるのである(。)

(e)方言などの参酌
 原判決は、両商標の称呼は近似するとはいえ、なお称呼上の差異は容易に認識しえられるのであるから、「ひ」と「し」の発音が明確に区別されにくい傾向のある一部地域があることその他諸般の事情を考慮しても、硝子繊維糸の前叙のような特殊な取引の実情のもとにおいては、外観および観念が著しく相違するうえ称呼においても右の程度に区別できる両商標をとりちがえて商品の出所の誤認混同を生ずるおそれは考えられず、両者は非類似と解したものと理解することができる。原判決が右両者は称呼において類似するものでない旨を判示した点は、論旨の非難するところである。

(f)結論
 硝子繊維糸の取引の実情に徴し、称呼の対比考察を比較的緩かに解して妨げないこと前叙のとおりであつて、この見地から右の程度の称呼の相違をもつてなお非類似と解したものと認められる右判示を、あながち失当というべきではない。


留意点  本事例をサンプルとして商標の類似・非類似の傾向を概略すると下図の通りとなります。(参考図76)

図面


次ページ

※ 不明な点、分かりづらい点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


 

商標に関する専門用語一覧へ戻る




今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  

Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.