今岡憲特許事務所マーク

トップボタン
 パテントに関する専門用語
  

 No:  1300   

陪審トライアル/特許出願(外国)

 
体系 外国の特許法・特許制度
用語

陪審トライアル(Jury trial)

意味  陪審トライアルとは、民間から任意に選ばれた陪審によって構成される合議体により事実の認定を行う審理をいいます。



内容 @陪審トライアルの意義

(a)米国法では民事訴訟における陪審を保証しています(修正憲法第7条)。

 すなわち、一方の当事者が陪審トライアルを求めたときには、相手方の意向に関係なく、陪審トライアルが行われるのです。

(b)陪審トライアルの手続は、冒頭陳述→証言→最終陳述→陪審説示→陪審評決という順序で行われます。

 陪審説示は、裁判官が陪審員に対して判断に必要な法的論点を説明することです。
陪審説示(July instruction)とは

(c)陪審によらないトライアルを、ベンチトライアル(bench trial)といいます。
ベンチトライアル(bench trial)とは

(d)判決は、基本的に、陪審評決を基に作成されますが、評決破棄判決動議(Motion for judgement as a matter of law:JMOL)が出された場合には、この限りにありません。
→評決破棄判決動議(Motion for judgement as a matter of law:JMOL)とは

A陪審トライアルの内容

(a)陪審は、一般人であり、技術の専門知識もなければ、特許制度の仕組み(特許出願や特許権の効力等)の知識も十分に持たないことが少なくありません。

 このため、昔は、特許事件において陪審制度を利用することは稀ですが、近年では、陪審制度の利用率が高まっています。



留意点

次ページ

※ 不明な点、分かりづらい点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


 

パテントに関する専門用語一覧へ戻る




今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  


Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.