パテントに関する専門用語
  

 No: 064

特許出願の査定後/特許権/存続期間・延長

体系 権利内容
用語

特許権の存続期間の延長制度

意味  特許権の存続期間の延長とは、特許出願の日から20年の期間を超えて特許権の存続を認めることであり、具体的には、特許法以外の法律の規定により2年以上特許発明を実施できなかった特許権の存続期間を、一定の条件の下で延長することです。

内容 @特許権は、技術の進歩を促進するために新規発明の公開の代償として付与するので、存続期間が制限されています。製薬業などの技術分野では、安全性等を確保するための処分を受ける必要から、特許発明の実施を開始できる時期が遅れ、本来享受できる筈の特許期間が浸食されているという問題点がありました。そこで存続期間の延長制度ができました。 

A延長の条件は、(イ)特許発明を受けるために所定の処分が必要だったこと、(ロ)特許権者等がその処分を受けたこと、(ハ)実施できなかった期間が2年以上あったこと、(ニ)その期間を超えない範囲で延長を求める手続(延長登録出願)をすることです。
         
留意点 @特許の場合の延長は、商標権の存続期間の更新制度と根本的に意味合いが相違します。

A特許権の存続期間は、技術の創作を保護するために有限性が本質であり、延長できても5年という上限があります。

B他方、商標の存続期間は、商標に化体された業務上の信用を保護するために、恒常性を本質としており、幾度でも更新できます。

特許権の有限性(特許出願の日から20年)を商標権に導入すると、せっかく築き上げた信用を損なうことになり、制度趣旨に反するからです。

 商標法の場合、不使用登録商標を処分するために便宜的に存続期間を設定しているに過ぎないのです。

         
次ページ

※ 不明な点、分かりづらい点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


 

パテントに関する専門用語一覧へ戻る




今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  


Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.