索引

 パテントに関する専門用語集

ここでは、パテントに関する専門用語をわかりやすく解説いたします。
下記の用語をクリックすると、意味、内容、留意点などが表示されます。

用語一覧

No 体系 用語
601 ビジネス用語 ネットワークの外部性
602 ビジネス用語 ホールドアップ問題のケーススタディ1
603 ビジネス用語 ホールドアップ問題のケーススタディ2
604 ビジネス用語 ホールドアップ問題のケーススタディ3
605 ビジネス用語 特許の待ち伏せ(patent ambush)
606 ビジネス用語 標準化団体
607 ビジネス用語 米国連邦取引委員会(FTC)
608 ビジネス用語 FTC法(米国連邦取引委員会法)
609 ビジネス用語 反トラスト法(anti-trust law)
610 ビジネス用語 eBAY判決
611 ビジネス用語 Permanent Injunction(終局的な差し押さえ)
612 ビジネス用語 Peliminary Injunction(仮差押え)
613 実体法 機能的アプローチのケーススタディ1(肯定例)
614 実体法 機能的アプローチのケーススタディ2(肯定例)
615 外国の特許法・特許制度 Double patenting(重複特許)
616 外国の特許法・特許制度 Same-invention type(同一発明型)の重複特許
617 外国の特許法・特許制度 Same-invention type(同一発明型)の重複特許のケーススタディ1
618 外国の特許法・特許制度 “Nonstatutory-type”(非法定型)の重複特許
619 外国の特許法・特許制度 Nonstatutory-type(非法定型)の重複特許の自明性
620 外国の特許法・特許制度 One-way obviousness(一方向自明性)
621 外国の特許法・特許制度 Two-way obviousness(双方向進歩性)
622 外国の特許法・特許制度 Doctrine of double patenting(重複特許ドクトリン)
623 外国の特許法・特許制度 Terminal disclaimer(特許権の存続期間の部分放棄)
624 実体法 放棄された特許出願及び拒絶が確定した特許出願に先願権が認められない理由
625 実体法 ダブルパテント排除の原則
626 外国の特許法・特許制度 十分に類似(sufficiently similar)とは(先例拘束性の原理)
627 外国の特許法・特許制度 先例拘束性の原理のケーススタディ1
628 外国の特許法・特許制度 (米国特許出願における)選択請求
629 外国の特許法・特許制度 種(species)とは(特許出願の)
630 外国の特許法・特許制度 属(genus)とは(特許出願の)
631 権利内容 均等論
632 外国の特許法・特許制度 特許出願の経過から生ずるエストッペルとは(Estoppel)
633 外国の特許法・特許制度 Doctrine of Equivelents(均等論)
634 外国の特許法・特許制度 フェスト判決
635 外国の特許法・特許制度 均等論のコンプリート・バー(complete bar)
636 外国の特許法・特許制度 均等論のフレキシブル・バー(flexible bar)
637 実体法 技術の具体的適用に伴う設計変更とは(進歩性)
638 特許出願の種類 特許出願の拒絶理由
639 特許出願の種類 特許出願の拒絶理由の限定列挙
640 外国の特許法・特許制度 再発行特許出願人の宣言(Reissue Declaration)
641 外国の特許法・特許制度 Preliminary amendment(予備的補正)とは(米国特許出願)
642 外国の特許法・特許制度 内部証拠(intrinsic evidence)
643 外国の特許法・特許制度 外部証拠(extrinsic evidence)
644 外国の特許法・特許制度 特許出願の経過履歴(prosecution history)
645 特許出願の種類 特許出願の拒絶理由(主体関係)
646 実体法 発明の効果
647 実体法 発明特有の効果
648 実体法 発明の効果の補充
649 実体法 発明の効果をもたらす理由
650 特許申請及びこれに付随する手続 機能的クレームのケーススタディ3
651 実体法 発明の偶発的構成
652 実体法 発明の効果の追認
653 実体法 発明の効果の追認のケーススタディ
654 実体法 均等物による置換とは(進歩性)
655 実体法 均等物による置換のケーススタディ1
656 実体法 均等物による置換のケーススタディ2
657 実体法 技術の具体的適用に伴う設計変更のケーススタディ1(設計様式の変更)
658 実体法 リパーゼ判決
659 実体法 特別の事情とは(リパーゼ判決)
660 実体法 リパーゼ判決の意義
661 権利内容 キルビー判決
662 権利内容 権利の濫用
663 実体法 特別の事情のケーススタディ1(リパーゼ判決)
664 実体法 一応の合理的疑いとは(新規性・進歩性)
665 実体法 合理的な疑いを生じない場合(新規性・進歩性)
666 実体法 一応の合理的な疑いを生じる場合(新規性)
667 実体法 一応の合理的な疑いを生じる場合(進歩性)
668 権利内容 クロスライセンス
669 権利内容 クロスライセンス契約上の注意点とは(独占禁止法)
670 権利内容 包括的クロスライセンス
671 権利内容 マルティプルライセンス
672 権利内容 権利の濫用の成立要件
673 権利内容 権利の濫用の効果
674 権利内容 特許権の取消とは(独占禁止法)
675 権利内容 私的独占とは(独占禁止法)
676 権利内容 不当な取引制限のケーススタディ(独占禁止法)
677 権利内容 私的独占のケーススタディ1(独占禁止法)
678 権利内容 不当な取引制限のケーススタディ1(独占禁止法)
679 外国の特許法・特許制度 claimとは(特許出願の)
680 外国の特許法・特許制度 Transition termとは(特許出願の)
681 外国の特許法・特許制度 Open termとは(特許出願の)
682 外国の特許法・特許制度 Close termとは(特許出願の)
683 外国の特許法・特許制度 Claimとは(特許の)
684 外国の特許法・特許制度 Claim construction(クレーム解釈)
685 外国の特許法・特許制度 De novo review
686 外国の特許法・特許制度 Clear error review
687 外国の特許法・特許制度 事実問題
688 外国の特許法・特許制度 法律問題
689 実体法 進歩性の判断とは(特許出願の)
690 実体法 進歩性の判断手順とは(特許出願の)
691 権利内容 特許請求の範囲に記載された用語の意味
692 権利内容 発明の効果の考慮(特許発明の技術的範囲)
693 権利内容 複数の発明の効果の記載の功罪
694 実体法 阻害要因のケーススタディ(目的違反の改変)1
695 実体法 阻害要因のケーススタディ(正反対の性質)1
696 実体法 阻害要因のケーススタディ(思い留まらせる事情)1
697 特許申請及びこれに付随する手続 手続補正書とは(特許出願等の手続の)
698 特許申請及びこれに付随する手続 手続補正書の様式(特許出願等の手続の)
699 特許申請及びこれに付随する手続 事件の表示(手続補正書の様式)
700 特許申請及びこれに付随する手続 手続補正書の補正対象書類名

※ 不明な点、分かりづらい点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


 



今岡憲特許事務所 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-4 タカトウビル 2F
TEL:03-3369-0190 FAX:03-3369-0191 

お問い合わせ

営業時間:平日9:00〜17:20
今岡憲特許事務所TOPページ |  はじめに |  特許について |  判例紹介 |  事務所概要 | 減免制度 |  リンク |  無料相談  


Copyright (c) 2014 今岡特許事務所 All Rights Reserved.